研究会・イベント情報

研究会・イベント情報のお知らせ

研究会やイベントの情報を随時掲載していきます。
掲載をご希望の方は、右記掲載依頼フォームボタンからご連絡ください。

研究会の情報を募集しております。掲載ご希望の方はこちらよりご連絡ください。


「映画教育シンポジウム」―国語科と映画・演劇教育の横断―

日時2024年3月17日(日)13時30分~17時30分
会場東京学芸大学小金井キャンパス S棟410教室
(最寄駅:国分寺/武蔵小金井 https://www.u-gakugei.ac.jp/access/)
■内容
①第一部 :「中高生による映画作品の上映と発表」
 映画制作ワークショップ参加中高生
 (Aoba-Japan International School、文京学院大学女子中学校高等学校など)

②第二部: 発表「国語教育における映像制作の可能性」    
 パネルディスカッション「国語・演劇・映画教育-ABR:テクストを超えた学び」
 ゲストパネラー:渡辺貴裕氏(学芸大学准教授)林和生氏(脚本家)

■参加申込み
 下記アドレスから、お申し込みください。

第46回 美術科教育学会 弘前大会

日時2024年3月2日(土)・3日(日)
会場弘前大学 文京キャンパス 教育学部棟,50周年記念館
(青森県弘前市文京町1)
内 容:大会テーマ「教室から通路をひらく╱そのかたち,その先にあるもの」
〈1日目〉
○シンポジウム「新しい先生は毎回生まれる」
 鴻池朋子氏(現代アーティスト)
 奥脇嵩大氏(青森県立美術館学芸員)
○国際局事業企画「アートベースドヒューマニティ:芸術による学習をInSEAとともに」
 グレン・クーツ氏(国際美術教育学会InSEA会長)

〈2日目〉
口頭研究発表,実行委員企画 他

主 催:美術科教育学会

参加登録、研究発表申し込みなど詳細は下記をご覧ください。
美術科教育学会弘前大会

和光幼稚園・和光小学校共催「びじゅつてん」「美・技術展」

日時2024年3月2日(土)~2024年3月3日(日)10:00~16:00
会場学校法人和光学園 和光小学校
(〒156-0053 東京都世田谷区桜2-18-18)
和光幼稚園・和光小学校共催の「びじゅつてん」「美・技術展」を開催します。
子どもたちの「普段着」ともいえるような、日常の自然な子どもたちの制作の様子を展示したいと考えています。年少さんから6年生まで、9年間の子どもの成長を作品から感じていただけたらと思います。

ご案内:https://wakoe-diary.blogspot.com/2024/02/3233.html

■お申し込み方法
 在校生の家族・親族以外の、一般参加者の方は下記よりお申し込みください。
 https://forms.gle/FtnmDJNGpeYkF4Nc7

■ホームページ
 学校法人和光学園 和光小学校 : https://wakoe.wako.ed.jp/
 和光小学校ブログ : https://wakoe-diary.blogspot.com/
チラシ表イメージ

美術教育オンライン連続セミナー「美術教育と広がり」第5回

日時2024年3月16日(土曜日)14:00~15:00
一般社団法人 日本美術教育学会 美術教育オンライン連続セミナー「美術教育と広がり」(全6回)における第5回の内容は下記の通りです。


講演者:森弥生先生(岡山大学 非常勤講師・一般社団法人「みるを楽しむ!アートナビ岡山」社員)
テーマ:「原点と広がり:フィリップ・ヤノウィン直伝VTS体験と現況の整理 岡大医学教育への広がり」
司 会:清田哲男(岡山大学)

2011~12に京都造形芸術大学(現:京都芸術大学)でVTC/VTS開発者フィリップ・ヤノウィンによる3回(16日間)の連続講座を受講しました。基本の対話型鑑賞を体験していただき「VTC/VTS日本上陸30周年記念フォーラム2022:対話型鑑賞のこれまでとこれから」でなされた総括を踏まえつつ、現状を整理・協議したいと思います。また岡山大学医学部「ビジュアルアート教育」VTS講義担当者として医学教育への広がりを紹介します。


■参加は無料です。
〇ZOOMによるリアルタイムオンライン形式で行います。
〇6つの講座の内、 どの講座をいくつ受講しても構いません。
〇申し込みの締め切りは、 各講座の前日です。
〇参加者希望者はGoogleフォームで申し込みを行い、 ミーティング招待を受けます。
〇申し込みは、 https://x.gd/9dEnw またはQRコードからお申し込みください。
〇本件のお問い合わせは、日本美術教育学会 honbu[ at ]aesj.org(担当:清田哲男)まで。
 ※[ at ]を@に変換してください
〇会員以外の方の参加も受け付けております。

■ホームページ
 一般社団法人 日本美術教育学会
 http://www.aesj.org/nc2/htdocs/

図画工作ネタランド

日時2024年3月24日(日)受付:9:00~,開会:9:30~
明日の図工授業を子どもたちにとって楽しく価値あるものにしたい!
全く新しい図工の題材が知りたい!
教科書の内容を補うような題材が欲しい!
早く終わってしまった子や、題材と題材の間にできるちょっとした活動が知りたい!
資質・能力、深い学び・・色々あるけど、その実現のためにも
やっぱり図工はネタ(題材や活動内容)が大切!
現場で活躍中の先生方による
多様なネタに出会えるセミナーです。
第2回目の今回テーマは「新年度カリキュラムにおすすめネタ!」です。ぜひ!

■時程
  9:45~10:25 北川智久 先生 (筑波大学附属小学校)
 10:30~11:10 清水将太 先生(足立区立中川小学校)
 11:15~11:55 菊池麗華 先生(江東区立有明西学園)
 お昼ご飯タイム
 図工小話~仲嶺盛之先生(沖縄からオンライン)
 13:00~13:40 田浦海太郎ジャン 先生(町田市立南大谷小学校)
 13:45~14:25 斉藤洋介 先生(横浜国立大学附属鎌倉小学校)
 14:30~15:10 濱田優太 先生(港区立本村小学校)
 15:15~15:55 笠雷太 先生 (筑波大学附属小学校)

■参加費

 無料(対面参加者材料費のみ500円)

■お申し込み方法
 グーグルフォームから、お申し込みください

■ホームページ
 http://zoukeinakama.boy.jp/
図工ネタランドvol2

弘前大学資料館第34回企画展 津軽地方の教育版画 - 昭和・平成・令和の子どもたち -

日時2024年2月8日(木)~3月28日(木)
10:00~16:00(日曜・祝日休館)
会場弘前大学資料館 企画展示室
本展覧会では、五所川原市教育委員会、および弘前大学教育学部附属中学校との連携のもと、「教育版画」に光を当て、過去の教育運動の隆盛を示す資料と、現在の教育現場における成果を同時に展示します。五所川原市教育委員会によって旧・嘉瀬小学校で保管されている教育版画作品から、津軽地方で昭和・平成に制作されたものを展示します。また、令和5年度の教育学部「Tuesday実習」で弘前大学教育学部附属中学校の1年生13名が制作した、多版多色刷りの包装紙の作品を展示します。昭和・平成・令和の子どもたちの息づかいが聞こえてくるような作品や、中学生と大学生が互いに関わりながら学んだ成果を、見届けていただけますと幸いです。

■入場料
 無料

■お問い合わせ先
 弘前大学資料館 TEL:0172-39-3432
 ホームページ:https://shiryokan.hirosaki-u.ac.jp/
包装紙チラシ表

美術教育オンライン連続セミナー「美術教育と広がり」第6回

日時2024年3月31日(日曜日)14:00~15:00
一般社団法人 日本美術教育学会 美術教育オンライン連続セミナー「美術教育と広がり」(全6回)における第6回の内容は下記の通りです。


講演者:牟田淑子先生(長崎大学教育学部附属中学校)
テーマ:「魅力的な授業を求めて」
司 会:中川泰(長崎大学)

小学校・中学校・高校での正規教員の経験を基に、新しい時代を創っていく児童や生徒に対して貢献できる方策を探ります。
井手淑子(旧姓)著・第52回(2017年)教育美術・佐武賞(佳作賞)論文「美術を愛する心を育てる美術教育のあり方~地域活性化アートイベントと学校現場の連携を通して~」を基に長崎県教育センター研究員時代や、コロナ禍から今に至る教育現場の実際についてお話をさせていただきたいと考えております。


■参加は無料です。
〇ZOOMによるリアルタイムオンライン形式で行います。
〇6つの講座の内、 どの講座をいくつ受講しても構いません。
〇申し込みの締め切りは、 各講座の前日です。
〇参加者希望者はGoogleフォームで申し込みを行い、 ミーティング招待を受けます。
〇申し込みは、 https://x.gd/9dEnw またはQRコードからお申し込みください。
〇本件のお問い合わせは、日本美術教育学会 honbu[ at ]aesj.org(担当:清田哲男)まで。
 ※[ at ]を@に変換してください
〇会員以外の方の参加も受け付けております。

■ホームページ
 一般社団法人 日本美術教育学会
 http://www.aesj.org/nc2/htdocs/