研究会・イベント情報

研究会・イベント情報のお知らせ

研究会やイベントの情報を随時掲載していきます。
掲載をご希望の方は、右記掲載依頼フォームボタンからご連絡ください。

研究会の情報を募集しております。掲載ご希望の方はこちらよりご連絡ください。


令和4年度さんもっく 特別企画「対面にての、さんもっくのお誘い」

日時2022年10月21日(金)18:00~20:00
※17:30から開会まで園庭や保育室を拝見できます。
 軽食を召し上がる場所もあります。
会場中瀬幼稚園(杉並区下井草4-20-3)
西武新宿線井荻駅から徒歩7分
中央線荻窪駅北口より、10番下井草駅行きにて妙正寺池下車徒歩5分
2学期は気候も良く保育の充実期でもあります。
ここで少し立ち止まって、保育のあり方や素材について考えましょう。
今更聞けないこと、悩んでいることなど、少しでも解決できればと思います。
子ども達の描いたもの、作ったもの、スナップ写真などもち寄ってお喋りしませんか?
ご参加お待ちしております。

●中瀬幼稚園からのメッセージとして以下のことお話させて頂く予定です。
 *デジタル化の中にあって、今後の保育の方向は?(園長 井口佳子)
 *3歳児、4歳児、5歳児をどう捉えるか(各学年の担任)
 *子ども達と親しくなる為のポイント(主任 関麻理子)

●参加費 1500円
 ※参加ご希望の方は、Peatixよりお申し込みください
  https://yozoken-san20221021.peatix.com/view
 ※参加される方は、検温、消毒をお願いします。
  体調すぐれない場合はご遠慮ください。

●連絡/問い合わせ
 幼児造形教育研究会事務局(サクラクレパス)
 TEL 03-3862-3937 FAX 03-3862-3905

2022年度 多様性を育むダンス&美術プロジェクト<後期>

日時2022年10月1日(土)、10月16日(日)、11月5日(土)、12月3日(土)
各日13:30~15:30
会場北区文化芸術活動拠点 ココキタ 2Fアトリエ(〒114-0003 北区豊島5-3-13)
このプロジェクトは、障がいのある人達とない人達がお互いの創造性を触発しながら、作品制作を行っていきます。近年、アールブリュットと称される障がいなどのある方々の生来の資質が現れた作品が注目を集めていますが、ここでは現代美術の手法を取り入れて、参加者それぞれが学びながら、独自の抽象画や造形作品を制作していきます。
 絵画ワークショップでは、幼児から小学生、障がいのある人達、絵画に興味のある大人達が一緒に作品作りを行います。従来の写実的手法ではなく、絵筆以外にもローラーや竹べら、スポンジ、その他の様々な道具を使うことで生まれてくる面白いマチエールや型にとらわれない抽象的な新しい表現を創り出していきます。

■対象者
 年齢、障がいの有無問わず、皆様にご参加いただけます
 定員:10名程度

■参加費
 障がいのある人 全4回のご参加 8,000円
         単発のご参加  2,500円/回
 障がいのない人 全4回のご参加 16,000円
         単発のご参加  4,500円/回
 ※材料費は含まれていますため、ご用意いただくものはありません

■講師
 西村 陽平(日本女子大学名誉教授・美術家)

 1947年京都市生まれ。1973年東京教育大学教育学部芸術学科卒業。
 1975年から1998年まで千葉県立千葉盲学校で図工を担当。
 視覚障がいの子どもたちに造形指導を行うとともに、自らも造形作家として活動。
 1977年には、日本陶芸展において外務大臣賞受賞。
 2018年3月まで日本女子大学児童学科教授。現在、日本女子大学名誉教授・美術家。

■お申し込み
 詳細は ホームページをご確認ください。
 https://muse-creative-kyo.com/caec/caec-1801/

■お問い合わせ
 クリエイティブ・アート実行委員会
 〒107‐0052 東京都港区赤坂6‐2‐5‐201
 TEL:03‐6426‐5182 FAX:03-6426-5183
 MAIL: MuseKK[ at ]aol.com  ※[ at ]を@に変換してください。

■ホームページ
 https://muse-creative-kyo.com/caec_/

《あおもりJOMON GYOMOプロジェクト展》青森×東京藝術大学

日時青森県立美術館 コミュニティギャラリー A,B,C
(〒038-0021 青森市安田字近野185)
会場2022年11月26日(土)~12月11日(日)
9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
※休館日:2022年11月28日(月)予定
「あおもりJOMON GYOMOプロジェクト」では、縄文文化から着想し、美術の視点で想像力を育む文化芸術体験・学習プログラムを展開しています。
 青森から発信されたART×JOMONは、全国の人々(3,546人:2022/8/26時点)をつなぎ、巨大な協働作品(縄文漁網)を形づくりました。
 この大型漁網作品を中心に、取組の全体を表す展覧会を開催します。

■観覧料
 無料

■展示作品
・本プロジェクト参加者(3,546人:2022/8/26時点)による協働制作漁網作品。
・丸太(端材再利用)と木製漁網編み治具約1,000個によるインスタレーション。
・プロジェクト(2019~23年)の記録展示。

■ホームページ
 あおもりJOMON GYOMOプロジェクト

 展示について

【すみだ北斎美術館】北斎ブックワールド ―知られざる板本の世界―

日時2022年9月21日(水)~11月27日(日)
9:30~17:30(入館は17:00まで)

前期:9月21日~10月23日
後期:10月25日~11月27日

休館日:毎週月曜日
※開館:10月10日(月・祝)、休館:10月11日(火)
会場すみだ北斎美術館(東京都墨田区亀沢2-7-2)
 江戸時代に描かれた浮世絵の形態のひとつに、板本(はんぽん)があります。北斎は物語の挿絵であったり、自らの絵を集めた絵手本(えでほん)であったりと、たくさんの板本を出版しました。本展では、北斎や門人が描いた板本作品約110点を展示。江戸時代から伝えられた板本の魅力をご紹介します。

■観覧料
 一般:1,000円
 高校生・大学生・65歳以上:700円
 中学生:300円
 障がい者:300円
 小学生以下無料
 ※団体でのご来館は当面の間、受付を行いません。

■主催
 墨田区・すみだ北斎美術館

■ホームページ

 https://hokusai-museum.jp/
 ※最新の情報は当館ホームページをご確認のうえご来館ください。

第71回 全道造形教育研究大会 帯広・十勝大会

日時2022年10月15日(土)
会場オンライン開催
■内容
 帯広・十勝大会テーマ
 「つくるとき・つながるとき~豊かな心をはぐくむ造形教育」

 研究主題
 「観る・感じる・創る・伝える・つながる」

 研究発表と提言、研究協議 他

■お問い合わせ
 帯広市立帯広第八中学校 校長 黒田正則
 TEL. 0155-35-6593
 E-mail. obi8jhs[ at ]f1.octv.ne.jp
 ※[ at ]を@に変換してください。

■主催
 北海道造形教育連盟、
 帯広市教育研究会 図工・美術部会
 十勝管内サークル協議会 十勝造形サークル

■ホームページ
 http://hokuzou.kir.jp/

第59回 造形おかざきっ子展

日時2022年10月15日(土)・16日(日)
展示時間 9:00~17:00
会場岡崎市美術博物館周辺(中央総合公園内)
■テーマ
 「おかざきの町 アートあつまれ!!」

■開会式
 10月15日(土) 9:00~9:15
 岡崎市美術博物館 造形おかざきっ子展会場内 本部前野外ステージ
 ※雨天:中止(前日18時より下記ホームページで確認できます。)

■その他
 ・荒天等で中止となる場合は、おかざきっ子展ホームページでお知らせします。
 ・感染予防のため、マスク等を着用してご来ください。
  また体調が優れない場合(発熱等)は、ご来場をお控えいただきますようお願いいたします。

■主催

 岡崎市、岡崎市教育委員会、岡崎市現職研修委員会図工・美術部
 
■ホームページ
 https://cms.oklab.ed.jp/gensyokukensyu/index.cfm/1,0,25,html

第56回 日本美術教育研究発表会2022

日時2022年10月16日(日)(9時~16時)
会場ZOOMオンライン会議上
 日本美術教育研究発表会については「連合ニュース166号」および「公益社団法人日本美術教育連合HPの発表会案内」をお読みの上で申込をして下さい。
 なお、申込内容の変更が発生した場合は、ニュースおよび連合HP(https://insea-in-japan.or.jp)記載の問い合わせ先にご連絡下さい。
 発表は口頭発表(発表20分+協議5分+移動・準備15分(発表者総数により変更有)、①モジュール口頭発表(発表30分+協議25分)、②研究ノート、③発表会改善アンケート(今年度運営反省と次年度企画提案)、以上三つを実施いたします。

■参加費

 500円(概要集代として)事前申込みは必要、会員以外の方でも参加できます。
 『日本美術教育研究発表会 概要集2022』をオンラインで配布します。

■お申し込み

 下記サイトよりお申し込みください。
 https://insea-japan-taikai2022.peatix.com/?utm_medium=web&utm_medium=%3A%3A%3A0%3A3344683&utm_source=results&utm_campaign=search

■主催
 公益社団法人 日本美術教育連合

■ホームページ
 https://insea-in-japan.or.jp/

【アーティゾン美術館】生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎

日時2022年7月30日(土)~2022年10月16日(日)
10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで) ※9月23日を除く金曜日は20:00まで

[休館日]月曜日(9月19日、10月10日は開館)、9月20日、10月11日
会場アーティゾン美術館 6・5階展示室(東京都中央区京橋1-7-2)
 青木繁(1882-1911)と坂本繁二郎(1882-1969)は、ともに現在の福岡県久留米市に生まれ、同じ高等小学校で学び、同じ洋画塾で画家を志しました。日本の洋画が成熟へと向かう時代の流れのなかで、それぞれに独自の作風を探求しました。生誕140年という記念すべき年に開催する本展は、約250点の作品で構成されます。二人の特徴や関係をよく表す作品を中心にすえ、それぞれの生涯をときに交差させながら「ふたつの旅」をひもといていきます。

■観覧料

 日時指定予約制
 ウェブ予約チケット1,600円、
 当日チケット(窓口販売)1,800円
 学生無料(要ウェブ予約)
 ※ ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売します。
 ※ 中学生以下の方はウェブ予約不要です。
 ※ この料金で同時開催の展覧会を全てご覧頂けます。

■同時開催
 石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 田園、家族、都市
 会期:2022年7月20日~10月16日 4階 展示室(上記に加え7月29日は休館)
 内容:当館コレクションの中から18~19世紀にイタリアをはじめヨーロッパ各地で隆盛した
    都市景観画を選りすぐり、肖像画とともに田園と都市を家族との関わりに焦点を当て、
    その変遷をひもときます。

■主催
 石橋財団アーティゾン美術館

■ホームページ
 https://www.artizon.museum/

第90回 小学校教育研究協議会

日時2022年10月18日(火)・19日(水) ※図工は18日
会場埼玉大学教育学部附属小学校
■テーマ
 「学びをつくる ~子供たちが自覚と自己決定をくりかえすために~」

■内容
 図画工作は、「自分の思いを豊かにし、表現しきる児童を育てる」という
 テーマで3人の先生が授業を行う

■参加費
 各日2000円 ※各授業先着30名

■お申し込み
 以下URLよりお申込ください。
 https://www.event-form.jp/pages/902/fusho

■ホームページ
 http://www.fusho.saitama-u.ac.jp/

令和4年度 第42回 造形「さがみ風っ子展」

■会期
 2022年10月15日(土)・16日(日)・17日(月)
 〈緑区〉城山公民館
     もみじホール城山(17日は休館)
     LCA国際小学校北の丘センター

 2022年10月21日(金)・22日(土)・23日(日)
 〈中央区・南区〉GLP ALFALINK相模原
         女子美術大学
         市民健康文化センター

■内容

 市内小・中学校・義務教育学校の児童・生徒の思いのこもった作品や色とりどりの作品を展示。

■主催
 相模原市教育委員会

■主管
 さがみ風っ子文化祭運営委員会 各実行委員会
 相模原市立小学校教育研究会、相模原市立中学校教育研究会

■ホームページ

令和4年度 第66回 東北造形教育研究大会宮城大会 / 令和4年度 第68回 宮城県造形教育研究大会仙台市大会

日時2022年10月27日(木)~2022年10月28日(金) 
会場日立システムズホール仙台(会場とオンラインによるハイブリッド開催)
■大会テーマ
 「夢・色・形 未来をつくりだす力をはぐくむ ~つくり つくりかえ つくる~」

■内容
 1日目:東北造形教育連盟会理事会
 2日目:研究発表(幼・小・中・高)
     講演(小林恭代氏、平田朝一氏)

■お申し込み・お問い合わせ先

 宮城県造形教育連盟(事務局:仙台市立秋保中学校)
 ※ 仙台市立秋保中学校
   〒982-0243 仙台市太白区秋保町長袋字大原45-5
   TEL:022-399-2840

■主催
 東北造形教育連盟

■ホームページ
 https://www2.sendai-c.ed.jp/~renraku1/

第73回 造形表現・図画工作・美術教育研究全国大会和歌山大会 / 第76回 和歌山県図工・美術教育研究大会

日時2022年10月28日(金)
■大会テーマ
 「つながる ひろがる ひびきあう~感性を大切にする造形教育~」

■内容
 《午前》全体会(各保育・授業会場にて)
 《午後》授業・分科会(和歌山市内)

■お問い合わせ

 大会実行事務局 和歌山市立和歌山高等学校 飯村浩晃
 TEL. 073-461-3690

■主催
 和歌山県美育連盟
 日本教育美術連盟

第61回 関東甲信越静造形教育研究新潟大会 / 第34回 新潟県美術教育研究大会

日時2022年11月11日(金) 13:00~16:50
会場オンライン開催
■大会テーマ
 「未来につながる学びをひらく造形教育の今」
 ~わたしをみつめる・わたしをひらく・美術をみつめる・美術をひらく~

■内容
 記念講演
  講師 末永幸歩 様(美術教師/東京学芸大学個人研究員/アーティスト)
  演題 「当たり前を疑うことから創造的な探究がはじまる」
 校園種別分科会
 ※詳細はホームページをご確認ください。
  https://sites.google.com/aug.contact/kanburo61-niigata/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0

■参加費
 1,000円

■お申し込み期間
 2022年9月9日(金)~2022年10月3日(月)

■お申し込み方法
 ホームページをご確認ください。
 https://sites.google.com/aug.contact/kanburo61-niigata/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0

■主催
 関東甲信越静地区造形教育連合
 新潟県美術教育連合

■ホームページ
 関東甲信越静地区造形教育連合 http://kamburo-zokei.com/
 東京都図画工作研究会 https://tozuken.themedia.jp/

令和4(2022)年度 奈良県小・中学校図画工作・美術教育研究大会

日時2022年11月18日(金)午後
■大会テーマ
 「主体的に学び、つくる喜びを味わう造形教育」

■内容
 小学校:子どもがお互いに認め合い、主体的に学ぶ姿を育む― 試行錯誤・思考錯誤
 中学校:主体的な活動を通じて自己をみつめ表現する力を伸ばす

■お申し込み・お問い合わせ先
 奈良市立富田雄南中学校 森 有平(事務局長) TEL. 0742-48-1671

■主催
 奈良県図画工作・美術教育研究会、天理市教育委員会、天理市教科等研修会

2022年度 さんもっくの会「身近な表現を大切にした保育を目指して」保育実践講座 第3回

自園で学び、その場で自園の保育が変わる新しいスタイルの講習会!

「さんもっくの会」は、 造形表現を手がかりに、園生活が豊かに深まることを願い、学びを重ねてきました。
今年度は幼造研スタッフが発表園に訪問し、インタビュー形式で現場の先生方と参加者方々をつなげる、新たな学びのスタイルで、下記のように進めてまいります。どうぞ皆さま、お気軽にご参加下さい。

・開催日時:2022年11月18日(金)18:30-19:30
・開催方法:zoomによるオンライン講座
・講座内容:「保育の充実期を後期につなげる」
      ~友だちとの生活の中で深まる表現とは?~
      ※皆さんの園の様子をお聞かせください
・出張先:慈紘保育園から生配信予定 / 聞き手:椎橋 げんき(白百合女子大)
・参加費:1,500円

・お問い合わせ先:幼児造形教育研究会事務局(サクラクレパス)
         TEL.03-3862-3937・FAX.03-3862-3905

第60回 東京都図画工作研究大会 城東大会

日時2022年12月9日(金)
会場江戸川区立下鎌田小学校
■大会テーマ
 「わたしからはじまる ~主体的に造形活動にかかわりながら豊かに生きようとする児童の育成~」

■内容
 城東5区図工部研究発表(授業研究公開、分科会)、文部科学省教科調査官による講演

■お申し込み・お問い合わせ先
 大会事務局 江戸川区立上小岩小学校内・事務局長宛)

■主催
 東京都図画工作研究会・城東ブロック(江戸川・葛飾・荒川・墨田・江東5区)

■ホームページ

 https://tozuken.themedia.jp/

【愛知県美術館】ジブリパーク開園記念 ジブリパークとジブリ展

日時2022年10月29日(土)~12月25日(日)
10:00~18:00(金曜は10:00~20:00)※入場は閉館1時間前まで
休館日:月曜日(但し、10月31日は開館)
会場愛知県美術館
 2022年11月1日、愛知県長久手市の「愛・地球博記念公園」内に、スタジオジブリの世界を表現した公園施設・ジブリパークが開園します。本展では、ジブリパークの制作現場を指揮する宮崎吾朗監督の、これまでの仕事と作品を振り返るとともに、スタジオジブリの最新作ともいえる「ジブリパーク」をどのように考え、描き、つくっているのかを、初公開となる数々の制作資料とともに紹介します。宮崎吾朗監督が手がけるジブリパーク制作の舞台裏を垣間見られる展覧会です。

■観覧料
 日時指定券(当日券は日時指定券の残部がある場合のみ愛知県美術館チケット売場で販売)
 小・中生 平日600円(土日祝800円)、高・大生 平日1,100円(土日祝1,300円)
 一般 平日1,700円(土日祝1,900円)

■主催
 愛知県美術館/中日新聞社

■ホームページ
 愛知会場特設サイト https://ghiblipark-exhibition-aichi.jp/
 愛知県美術館    https://www-art.aac.pref.aichi.jp/

2022年度 さんもっくの会「身近な表現を大切にした保育を目指して」保育実践講座 第4回

自園で学び、その場で自園の保育が変わる新しいスタイルの講習会!

「さんもっくの会」は、 造形表現を手がかりに、園生活が豊かに深まることを願い、学びを重ねてきました。
今年度は幼造研スタッフが発表園に訪問し、インタビュー形式で現場の先生方と参加者方々をつなげる、新たな学びのスタイルで、下記のように進めてまいります。どうぞ皆さま、お気軽にご参加下さい。

・開催日時:2023年1月20日(金)18:30-19:30
・開催方法:zoomによるオンライン講座
・講座内容:「対話的な保育を考える」
      ~子ども同士が伝え合う保育、保護者へ伝える工夫とは?~
      ※それぞれの園の取り組み、情報交換しましょう 。
・出張先:出張先:清心幼稚園から生配信予定 / 聞き手:藤田寿伸(東京成徳大)
・参加費:1,500円

・お問い合わせ先:幼児造形教育研究会事務局(サクラクレパス)
         TEL.03-3862-3937・FAX.03-3862-3905

【水戸芸術館】中﨑透 フィクション・トラベラー

日時2022年11月5日(土)~2023年1月29日(日)10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜日、年末年始(12月27日~1月3日) ※祝日の場合は翌火曜日
会場水戸芸術館現代美術ギャラリー
 本展は、水戸市出身/在住の現代美術家・中﨑透が、独自の視点で水戸および水戸芸術館を読み解く美術館では初となる大規模個展です。初期代表作である看板をモチーフとした作品、カラーアクリルと蛍光灯を素材につくる立体作品、そしてリサーチとインタビューから言葉を抽出してストーリーを仕立てあげるインスタレーションなど、新旧の作品を織りまぜながら、水戸という地域と水戸芸術館をめぐる「もう一つの物語」を浮かび上がらせます。

■入場料
 一般900円、団体(20名以上)700円、高校生以下・70歳以上無料
 障害者手帳などをお持ちの方と付き添いの方1名は無料

■主催

 公益財団法人水戸市芸術振興財団

■ホームページ
 https://www.arttowermito.or.jp/

キッズクリエイティブ研究所 in 竹芝2022年度 幼児クラス

日時2022年4月16日(土)、5月21日(土)、6月18日(土)、7月16日(土)、
    8月13日(土)※第2土曜日開催です、9月17日(土)、10月15日(土)、
    11月19日(土)、12月17日(土)
2023年1月21日(土)、2月18日(土)、3月18日(土)
※幼児クラスと小学生クラスでは実施日・時間が異なりますのでご注意ください。
※現段階では通常通り対面での実施を予定しておりますが、今後の新型コロナウイルスの感染拡大の状況によりオンライン開催に変更となる可能性がございます。その場合も、ワークショップ1回分として実施させて頂きます。ご了承の上、お申込みをお願いいたします。
※オンライン開催となった場合は実施時間、実施内容に変更が生じる事がございます。
 その際は別途参加者の皆様へご案内いたします。
会場CANVAS 竹芝オフィス
(東京都港区海岸1-7-1東京ポートシティ竹芝オフィスタワー8階 CiP内)
大好評をいただいております、キッズクリエイティブ研究所年間シリーズです!
思いっきり体を動かしてみたり、不思議な磁石の研究をしてみたり、コスチュームをデザインしてみたり。
みんなの発見とひらめきが研究所にどんなふうにひろがるかな?
※1年間通してご参加いただくコースです。小学生クラスもございます。

【時 間】幼児クラス 11:00-12:30(90分)

【対 象】未就学児(4歳以上)
     *初回実施日時点(2022年4月16日時点)で4歳以上のお子様を対象としています。
     *12回すべてにご参加いただける方を対象としています。

【定 員】各クラス20名

【参加費】48,000円(12回分/税込)

【申 込】先着順

【ホームページ】 https://www.canvas.ws/kenkyujo/laboratory/takeshiba2022_y.php

キッズクリエイティブ研究所 in 竹芝2022年度 小学生クラス

日時2022年4月17日(日)、5月22日(日)、6月19日(日)、7月17日(日)、
    8月14日(日)*第二日曜日、9月18日(日)、10月16日(日)、
    11月20日(日)、12月18日(日)
2023年1月22日(日)、2月19日(日)、3月19日(日)
※幼児クラスと小学生クラスでは実施日・時間が異なりますのでご注意ください。
※現段階では通常通り対面での実施を予定しておりますが、今後の新型コロナウイルスの感染拡大の状況によりオンライン開催に変更となる可能性がございます。その場合も、ワークショップ1回分として実施させて頂きます。ご了承の上、お申込みをお願いいたします。
※オンライン開催となった場合は実施時間、実施内容に変更が生じる事がございます。
 その際は別途参加者の皆様へご案内いたします。
会場CANVAS 竹芝オフィス
(東京都港区海岸1-7-1東京ポートシティ竹芝オフィスタワー8階 CiP内)
大好評をいただいております、キッズクリエイティブ研究所年間シリーズです!
思いっきり体を動かしてみたり、不思議な磁石の研究をしてみたり、コスチュームをデザインしてみたり。
みんなの発見とひらめきが研究所にどんなふうにひろがるかな?
※1年間通してご参加いただくコースです。幼児クラスもございます。

【時 間】小学生クラス 10:30-12:30(120分)

【対 象】小学1年生~6年生
     *12回すべてにご参加いただける方を対象としています。

【定 員】各クラス20名

【参加費】48,000円(12回分/税込)

【申 込】先着順

【ホームページ】 https://www.canvas.ws/kenkyujo/laboratory/takeshiba2022_s.php